You are here: Home // ブログ // 素質

素質

それぞれの犬にそれぞれの素質があり、そのような素質を生かして盲導犬や警察犬が生まれるわけです。

ダンスやアジリティー、ディスクなどの競技も、もし上位を狙うのであれば素質が大切です。(←この場合、飼い主の方にも素質が必要ですね)

軽いトリックを教えるにあたっても、その犬にできる事・出来づらい事はやはりあります。

毎日のしつけに関しても、難なくこなす仔もいれば、とても難しい仔もいます。ということは、「家庭犬」にも素質がいるのか?!と疑問になりますね?

では、まず専門的な仕事をこなす犬と一般家庭の犬の違い、わかりますか??

それは、専門の犬は選び抜かれた犬であるという事。素質がなければ、はじかれます。

家庭犬にはお仕事犬のような責任(盲導犬であれば人の命)という重みはなく、期限もありません。「家庭犬」という目安が一人ずつ違い、どんな犬であれ大概は飼われる環境などの問題をクリアする事ができれば飼う事が可能です。

そして通常、一般的なしつけ程度であれば、どんなに教えづらい仔でもちゃんと覚えて行くはずなのです。

Aki&Ashで「うちの仔は何も覚えない」と言われて来られた方のほとんどの仔は、ただ単に飼い主さんの教え方に問題があったり、上手にその能力を開花させられなかったりというケースばかりです。知能的に難しい感じた子はほとんどいません。大変な仔がいると言っても、皆 家庭犬の素質をちゃんと持っている仔ばかりなのです。

では「家庭犬」には素質はいらない?!?

実は、まれに家庭内犬に向いていない素質を持った犬もいるのですよ。どのような犬かと言いますと、「人の命を奪う危険性のある犬」です。

小さな子供や赤ちゃんだけでなく、大の大人であっても命を奪われる危険性を持った犬もいるのです。実際に英国で生活していたその4年半の間に死亡事故のニュースを耳にしたりした事もあります。テレビ番組では特集もくまれていました。そういえば、秋田犬が逃走して人を襲い最終的に警察に射殺された事件もありました。

とにかく、「うちの仔には家庭犬という素質がある」と信じてください。

そして観察し、可能性を見極めて上げてください。

愛犬と共に、頑張ってください!

関連記事

Tags: , ,

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.