You are here: Home // ブログ // 珍客!

珍客!

今日はAki&Ashに珍客が・・・!

って誰の事?

○○○ちゃんのお母さんではありません。。。

鳥です。

ゴジュウカラだと思っていましたが、すみません、「コガラ」でした。

テンテンさんにお越しいただいていたお客様が捕獲し、病院に連れて行くと仰っており、丁度Aki&Ashに通っていただいている方がその前に連れてきてくださったのです。(どっちにしろ病院は丁度お昼休憩中でした)

ジッとしていて動かないのでどこか具合が悪いのかと思って、捕獲されたところまでは良かったのですが、、、、

私が足の具合をちょっと見せていただこうかと思って、「ひっくり返してください・・・」とお願いしました所、手からパタパタ・・と飛び立ってしまったのです。そして あの高い天井まで飛び、ライトの淵にガシッとひっくり返って止まったのです。

「捕まえた際に下痢をした・・・」と仰っていましたが、鳥のオシッコとウンチは同時に出る事がある為、混じるとベチャっとしたウンチをします。ちなみに、捕まえた時には驚きのあまりのウンチだったのではと思います。イベントホールとの境の窓の淵に立ち、しばらく緊張の為 口を開けて「はぁ~はぁ~」と息をしていましたが しばらくすると落ち着いたのか、周りをキョロキョロ。Ashや私の姿を上から見下ろしどうしたものかと頭をひねっていました。すると突然クルリと向きを変えてお尻を突き出し「プッ」っとウンチをしました・・・。

カウンセリングの時間もすぐだったので、しばらくはその状態でカウンセリング。頭上でパタパタと飛ぶ鳥に犬も珍しそうに眺めておりました。

虫取りのネットで何とか捕獲をと思いましたが、思いがけなくチャンスが到来(カウンセリング中に)。手の届く所まで下りてきてくれたので、エプロンで捕獲。その後はダンボールへ。

今年生まれた若鳥のようです。

この季節、だんだんと寒くなってきたり、食べ物が限られてきたりと野生動物達は大変です。ですので、このように近づいても動かない若鳥がいますが、明らかに血がついていなかったり、羽を広げても飛べなくて円を描いて地面を回るような行動がないようでしたらそっとしてあげてください。もしあまりにも危ない所にいるようだったら、空からの外敵や猫などに襲われないような場所を探して置いてあげてください。しばらく経っても動かないようだったら、体を温めてあげるのも良いのですが、大概は離してあげたとたんに飛び立つのが常です。足を骨折していたら棒を握る事はしませんし、関節にそって伸ばしたり縮めたりも痛がります。伸ばしたりする前に私の小指をキュッと握ってくれたので、この仔は大丈夫な様子でした。

結局 この仔は外に放してあげたらすぐに木の高い枝に止まったようです。

もう 捕まらないように元気に生きるんだよ~~!?

ちなみに何故私がこのような対処が出来たかというと、、、

我が家の両親が獣医で、昔 傷ついた野鳥の治療を見たり、その後の介護を手伝ったりという経験と野鳥では無いけれどニワトリを育てていた事と、何よりも私が小さい時にそのような若鳥を病気かと思って捕獲した経験があるからでした・・・。あは。

関連記事

Tags: ,

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.