You are here: Home // ブログ // さむっ!

さむっ!

札幌は雪が積もりましたね~。このまま根雪となるのでしょうか。

雪がふるととても喜ぶ犬と、「え~・・・さむっ!」とコタツで丸くなる犬といます。

皆さんの愛犬はいかがですか?

犬種や固体によって寒さを感じる度合いは変わってくるもので、寒がっている犬達の足を触ると やはり膝や肩まで冷え切っている仔もいます。冷え性の私にはその辛さがわかります。

寒がりにもいくつかのパターンがあります。

まずは「本当に寒さが苦手タイプ」・・・スムースなどの短毛種に多く、本当に体が冷えてしまうのでしょうがないです。小型犬にも多いですね。凍傷や風邪ひきにも気をつけてください。

「気持ちでカバータイプ」・・・これは、気持ちは遊び続けたいけれど 体が本当についていかないタイプ。体が冷え切るまではしっかり楽しむ事ができます。出来れば室内で宜しくって所でしょうか。

「経験型寒がりタイプ」・・・寒さを体感した経験から、極端に寒い日を嫌がるタイプ。体はそんなに冷えていないのに最初から「寒いから嫌!」と訴えます。

暖かい部屋から寒い部屋に出てゆくと体感温度差があるので、寒く感じられるという事もあるのでしょう。でも一番厄介なのはこの経験型寒がりの「偽寒がり」ですね。

偽寒がりさんは、悪化するとお散歩をしたくないとか 歩きたくないとか要求し、最悪のケースで夏になっても歩かない個体もいるほどです。このケースは、抱っこの方が自分で歩くより良いという考えに到達してしまったケースですね。?

状況によってはタイプをまたぐ事もありますよ。

皆さんの愛犬はどんな寒がりさんですか??

関連記事

Tags: ,

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.