You are here: Home // ブログ // さむっ!さむっ!

さむっ!さむっ!

ガタガタ ぶるぶる ・・・

寒くなると体を震わせます。

恐怖に駆られて、ガタガタ ぶるぶる・・・

震えますよね。

?

実はそれ以外にも犬たちが震え見せる事も多々あるのですよ。

寒さや病気以外の震えでよく見られるのは、「感情の高ぶり」です。用は飼い主さんや周囲に対して強い思いを抱いた時に震えてみせます。

困るのは、飼い主さんがこの震えをみて「どうしたの?」ととても親身になる事を覚えた犬たちが必要以上に震えてみせることです。カウンセリングでも そこまで怖がっていないのに やたらと飼い主さんに震えて怖がって見せる固体がとても多いのです。そのような嘘は大抵飼い主さんが無視をしていると 嘘だと見分けられるものですが、飼い主さんがかまえばかまうほど 震えがつよくなるのです。

ですので、感情の高ぶりといえば「うれし~!」という強い気持ちでも震えるのです。特に嬉しい気持ちを我慢してジッと座っているときに「私、嬉しいのです!」と震えて見せます。オスワリをしないで動き回って感情を爆発させるタイプの犬は、こういった時に震えてみせる事はあまりありません。吠える個体も 感情を抑える行動をとらずに感情をそのまま放出させるので、震えてみせる前にワンワン吠えてしまいます。

どうでしょ?皆さんの愛犬は震えて感情を表現していませんか?見分けることが出来ていますか?

関連記事

Tags: ,

2 Responses to " さむっ!さむっ! "

  1. ととろ母 より:

    先生もご存知のとおり、ととろは要求震えです。
    いる場所から出たい時や、たぶん、かまってほしい時ですね。
    本当に怖い時もあると思いますが・・・
    家の中ではやりません。
    そういえば、先日のしん母さん家では震えませんでした。
    寒さには強いと思うのですが、冬の公園の帰り、車の中でお尻だけ震えるのは寒いからかな?と思っています。
    AshとAssamは振るえたりしますか?

  2. Aki より:

    ととろ母さん

    そうそう、「要求震え」まさにそれです。

    我が家でもありますが、日常の要求と言うよりも、つよ~~く叱られた時に私をなだめるために使います。
    普通の叱りではしませんよ。強い怒り口調の叱りでプルプルです。
    実験から私に見せる為のプルプルって事はちゃ~んと見抜いています。

    抱っこして、優しくしてプルプルは気をつけなくてはいけませんね。

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.