You are here: Home // ブログ // 黄色い雪

黄色い雪

暖冬で12月に入ってもなかなか降らなかった雪。

数年前と比べるとそこまで積もってはいないのですが、一月の札幌は一面雪景色です。

そんな中、とっても気になるのが・・・・オシッコで塗れた黄色い雪。

残念ながら、北海道ならではの光景です。

しかも一匹の量ではなく 雪の壁が一面黄色くなるほどのオシッコなのです。

確かに電柱や壁のような場所があるとオシッコをかけたくなるのは しょうがないかも知れませんが、日頃からどこでも足を上げないように躾ける事も可能な事を知らない方がとても多いようにも思えます。

外でのみトイレをさせている犬でも、決めた場所で お散歩始めにしっかりと全部トイレを済ませてしまい、更にマーキングをしないよう注意をする事でしなくなるものです。

教え方はいろいろありますが、とにかく黄色い雪を見るのはあまり気分の良いものではありません。犬嫌いな人であればもちろん、犬好きな人でもよく思っていない人も多いはず。

特に人の多く住む場所では気になりますよね。

私自身もいつも気をつけなければと心に留めている事項です。

関連記事

Tags:

2 Responses to " 黄色い雪 "

  1. 西村 美奈子 ボル・ユリヤ より:

    アキ先生 おめでとうございます。
    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    「黄色い雪」でピン!ときました。
    あれは見ていていい気分ではないですね・・・
    子供にも「これは犬のオシッコだから踏んでも触ってもだめ」と
    いつも言っています。。。
    が、ユリヤとルカはあまり外で排泄をしないのですが
    レオンは結構する派です。
    なおせるとは知りませんでした・・・

    雪のない時って見えないけどこんなにオシッコしてあるんだ!と
    驚きです。
    あと 雪解けの頃 沢山出てくるウンチも見たくないですね。

  2. Aki より:

    西村さん もとい ユリちゃんのお母さん。

    こちらこそ、よろしくお願いします!

    雪のない時にはしない子でも、雪の壁が出現すると必要以上にかけてまわる犬もいます。
    気持ちはわかりますが、でも、でも、でも、、、、、。ですよね。

    ウンチ!冬の間の利用者のマナーが悪くて、冬は閉鎖の公園とかもあるみたいですね。
    雪で隠れるからと言って片付けない人もいるみたいですが、、、。
    悲しいです。折角の白い雪景色が台無しです。

    Aki&Ash★ヨネザワ

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.