You are here: Home // ブログ // 10/17

10/17

1歳を迎えたばかりの甥の行動を見ていると、やっぱり人間もその他の動物と同じだなあと関心させられます。鶏や犬達の行動の中に「この大事な物・食べ物は自分のものであなたにはあげたくない」という行動があります。どのような行動かといいますと、良いものを見つけるとそれを口にくわえて 時に大騒ぎしながら走って逃げるのです。鶏の場合、周りから追いかけてきて横から突っつくので口にくわえている本人のあたりがもっとも少ないのですが、それでも特別なものを見つけると大騒ぎしてくわえて猛スピードで逃げます。犬の場合「早いもの勝ち」もしくは「奪ったもの勝ち」です。猫は「早いもの勝ち」である「順番」が主です(単独行動なので論外です)。特に彼らが喜ぶ栄養価の高いめったに口にする事の出来ないものは、生きるうえでプラスなので この行動は利にかなっています。さて甥ですが、最近何を始めたかと言いますと、アッシュが遊んでいる玩具 もしくはアッシュが遊びたい玩具を目の前で奪っては猛スピードで這って逃げ、私のひざに持ってくるのです。その際に、ボールを手に持ちながらちらりちらりとアッシュの反応を確かめるのです。取られないようにガードする行動も見られます。時には笑い声を伴う為、少々意地悪にも見えるこの行動に喜びを見出しているのが伺えます。もちろん誰に教わったわけでもなく、突然あるときから始めるようになったのです。要するに、脳の基礎の部分の成長過程というわけですね。楽しいと思うことは常に脳に記憶されるわけですから これで成長が止まってしまっては困ります。ここから更に理性がうまれて相手の心を思いやり行動する人間らしい行動(自分にマイナスとなる行動が出来るようになるという事)が出てくれば より人間味が増すという事なんでしょうね。

関連記事

  • No Related Post

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.