You are here: Home // ブログ // 触れ合う

触れ合う

「まだ小さいのでケージの中に入れておいて あまり出さないでください。」

・・・・と言われた事がある方、手をあげてっ!はーい!

結構いると思いますが、いかがでしょう?大体このような言葉を耳にする飼い主さんに多いのは2カ月弱から3カ月くらいの子犬を購入した飼い主さんです。

このアドバイスが間違いとはいいません。現に飼い主さんがいじり過ぎて体調不良を起こすケースもあるわけですから。

ただ、子犬の時期にケージの中に入れっぱなしにすると どんな影響があるか考えた事がありますか?

ケージに入れっぱなしにする事は、つまり一人っきりになる事ですよね。これは子犬にとってとても不自然な環境です。本来であれば、お母さんのぬくもりを感じ、時には体をなめてもらったり、寝ている間でもふれあいの大切な時間なのです。

実はとある有名なネズミの実験で、幼い時に親からグルーミングされた仔が成長した時にストレスに強くなるというものがあります。面白い事に、それが母親からのグルーミングではなく、人間の手によるグルーミング(この場合は撫でるように触れて実験)でも同じような効果があったとの事。触ってもらえなかったネズミは成長してから情緒不安定を示す行動を行ったそうです。

また、人間では出産時に「カンガルーケア」を行う所が多くなっているようですが、ご存知ですか?最初は発展途上国で乏しい医療面から行われていた事だったようですが、肌と肌を直につけ触れ合う事で赤ちゃんと母親の精神面によい影響を与えると言われ始めてから先進国でも注目をし、行われるようになったのです。

つまりは小さい時の触れ合いは成長にかかせないという事です。(ここで触れる触れ合いとはじゃれではなく母犬が仔犬の全身を舐めるような、マッタリとした触れ合いです。まあ、全ての仔がマッタリと舐めさせてくれるわけではなく、成長と共に母犬が「舐めさせなさい!っていってるでしょ!」と押さえつけてでも舐めるシーンもあるんですよ。)

もちろん、触れ合い方を考えないと過度に求めるようにもなる為、バランスを考える必要がありますし、人間の楽しみだけで仔犬の事を考えないような触れ合い方では意味がありません。

そういえば、Ashが兄弟と両親から引き離された夜と数日は手を握って寝てあげてました。丁度まだベッドを購入しておらず、床の上に布団を敷いていた為、Ashのマットを隣に敷いて二人川の字で寝ていましたね。懐かしいです。(個人的に犬が寝具の上に上がるのは好きでは無いので、布団の上には乗せていません。Ashにもドアの前で「僕、お家に帰るの・・・」なんて悲しそうな顔をしていた事もあったんですよ。)

ただ寝ているだけに見えますが、それもまた成長の一環です。今将来のために何ができるか、積極的に関わっていただきたいものです。まずは触れ合いから!です。

関連記事

Tags: ,

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.