You are here: Home // ブログ, 特集 // 色覚

色覚

一昔前まで犬には色が理解できない、白黒の世界といわれていましたが、今の学説では犬にもある程度の色が見えているとされています。

人間の目にある三つの錐状体細胞が犬には二つしかないので、人間のように色彩豊かとは言えないかもしれません。(鳥類はこの細胞が4つもあるようです!一体どんな世界なのか興味ありますね。)

犬の眼を通してみた風景を再現した写真がありますが、黄色が強いセピア色風景のような感じです。赤は見えないので全体的に黄色っぽい感じです。よく緑の芝の上に転がっているオレンジや赤のボールが見えないと言われますが、それは緑や赤に反応する錐体細胞が欠けている為、同色に見える為らしいです。再現写真では赤も緑も黄色に見えます。

ただそういった色が見えないからと言って その色が全くわからないわけではないと私は思っています。

色覚に異常を持つ画家の方がいらっしゃいますが、その方いわく、同じような色合いでも微妙な違いがあり、それを見分け使い分けているとの事。さらに訓練次第で細かい違いが見えてくるようなのです。

それを考えると私たちより感覚の鋭い犬達が微妙な違いを見分けていてもおかしくないはずです。犬達は生きる上で重要なことには長けているわけですから、本当に必要と感じればその色の微妙な色調を見分けてるのではないかと私は思っています。

ちなみにその画家の方は赤が見えないようです。でも、私なんかよりもずっと赤について理解していますし、絵にも赤色をたくさん利用されています。(あたりまえか、プロだもの。)

とにかく、芝生の上で犬達とボール遊びをするなら青や紫といった色を選ぶと犬達には見えやすいようなので、お勧めします。一番なのは模様が入っている方が、人間の目にもやさしいかも。

関連記事

Tags:

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.