You are here: Home // ブログ, 特集 // 躾の提案

躾の提案

どのように躾けるかは飼い主さんしだい。

もちろん、その犬種の性格や飼い主さんの生活で その可能性の幅は変わってきます。

なので全ての家庭で出来るというわけではありませんが、ここで提案したいのは朝の躾について。躾というよりも、流れかもしれませんね。

通常一般の朝の流れは「飼い主さん起床」→「犬起床」→「部屋に入ってきた飼い主さんに飛びつきながら挨拶」→「飼い主さんも挨拶」→「興奮する犬をかわしながらカーテンを開ける」です。

後これに「排泄処理」そして「給餌」がつく家庭が多いです。

お子さんがいらっしゃったり、365日特に大きく生活に変動の無い家庭ではあまり問題はありませんが、毎日に変動がある家庭では 挨拶と言えど このように興奮されるとちょっと困ってしまう事があったりします。

そこで提案です。

愛犬の朝は「おはよう!」で始まるように教えてみるのもいいですよ~。

私はAsh達に私が「おはよう!」と声をかけたら朝が始まるように教えています。つまり、朝の合図となる声をかける前に目の前をうろついたり パタパタしていても彼らはベッドの上で寝ているか、私の動きをポワ~ンと見つめているだけなのです。

そして「おはよ」の合図がかかると、ベッドから飛び出し 周囲をとび跳ねたり、ストレッチをしたり 匂いを嗅ぎあったり、通常の朝の挨拶をするのです。

ケージは利用していません。

「朝=挨拶・排泄・食餌」としてしまうと、起床後に人間後回しで対応しなくてはならない事も多く、日常の流れに変動のある私の生活にはそぐわないため、今の朝の流れがとても重宝されています。起床時間すれすれにお手洗いに向かっても犬達がもう起床の時間と間違えて「おはよ」と飛びついて起きてくる事がないのも良いところ。これは あくまでも私に対しての行動として教えています。

朝に興奮して吠えてしまう犬にもこういった躾をすると問題がなくなります。

子犬の場合お腹が空きすぎて吠える可能性があるので、その場合は食事の前に間食をさせて満たしてあげるのも一つの手となります。

猫にも同じように教えた所、犬よりも「そろそろ起きたかな~?」のチェックが厳しかったです。それこそ最初はベッドの上で薄目を開けてタヌキ寝入りから始めましたが、とある朝 変な音がするので目を思わず開けると、目の前にAshとAmu(猫)が並んで高みのあるベッドに顎を乗せて私を覗き込んでいたのには思わず噴き出してしまたのを覚えています。

一般家庭では皆さんの行動が犬の行動を引きだす格好となってしまっていますが、私の場合は私の通常の行動に彼らが反応しないよう教え 明確な合図によって行動・反応するように教えているだけです。

いろんな躾方があるので、形式にとらわれず一度他の家庭ではどのように生活をしているンか聞いてみるのも楽しいと思いますよ~!

関連記事

Tags: , ,

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.