You are here: Home // ブログ // 賛否両論

賛否両論

私がお散歩中にお勧めするのは、ちゃんとした紐のリードです。

欲を言えば、紐といえど手に優しく工夫されたものや、じゃばじゃば洗えるもの、そして長さを変えられる物がいいですね。

さて、この賛否両論と考えるリードについてですが、これは皆さんもご存じ伸びるリードです。

よく「散歩にはどんなリードを使えばよいでしょうか?」との質問がありますが、伸びるリードは私のお勧めからはとりあえず外させてもらっています。

もちろん、このリードにも沢山の良い点はあります。例えばこのリードは一つで長さが自由に変えられる所。長くした時には犬達が自由に歩く事もできます。長くしても短くしても、リードが自然と収納されるので絡まず危なくない所など・・・。

伸びるリードでもきっちりと使いこなしていただければよいのですが、ついついまわりを忘れてしまう飼い主さんが多すぎます。

例えば道路のわき道であったとしても何メートルも先に犬が歩いている状態だったり、犬の集まる広場であっても犬が勝手に他犬の近くまで行って突然お尻に回って匂いを嗅ぎだしたり吠えだしたり、、、。

他人や他犬がいる中で 愛犬は飼い主さんから離れないよう心がけるべきところを、リードがついているからと気を許し過ぎです。

お散歩中の愛犬はリードがあっても無くても、飼い主さんの2m程度の範囲にいるように教えるべきです。もちろん許可された広い広場で繋がれていなくても他の人や犬に行かないように活動するのはなにも問題はありません。

近づけるご本人には何も問題がなくても、犬を近づけて欲しくないその他の飼い主さんは沢山いるのですから 是非とも気をつけていただきたいものです。

無意識に行っている行動が他の方を困らせてしまう事はよくあります。でもそれをしょうがないと言いくるめてしまってはいけません。失敗からきちんと気づく努力が必要です!ご本人が失敗と思っているかどうかはわかりませんが、その無意識・無責任な行動が犬達を活動させる場所を狭めてしまうのです!

日本は他国よりも犬嫌いが多い国です。そんな中で犬のいる生活を認めてもらうには今以上に一人一人の努力が必要なんです。そして、犬が家族の一員として社会に認めてもらう事は私の活動の一環でもあるのです。

是非ご協力ください。

関連記事

Tags:

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.