You are here: Home // ブログ // 気をつけよう 食材

気をつけよう 食材

環境省が犬猫の健康を守るために食べ物のガイドラインを作っています。

皆さんもご存知だとは思いますが、犬猫には食べさせて良い物と悪い物がありますね。ここでは避けたい食材や注意が必要な食材を少し抜粋します。

ブドウ・干しブドウ   犬や猫にとって肝不全の原因になります。特にブドウの皮は与えてはいけません。

ほうれん草   シュウ酸が多く含まれているため、シュウ酸カルシウム尿結石症の原因になります。茹でてアク抜きする事でシュウ酸の量を減らす事ができます。

生卵   アビジンという酵素が皮膚炎、成長不良の症状を引き起こす事があります。(加熱調理して与えれば問題はありません)

にぼし 海苔   犬猫にはマグネシウムの過剰が原因となり尿路疾患を引き起こす事があります。

香辛料   犬猫は香辛料に対する体勢が少ないので肝臓障害の症状を引き起こします。

コーヒー・紅茶・緑茶   カフェインが含まれているため、これらの飲料を与えると、犬や猫は下痢・嘔吐・体温不調・多尿・尿失禁、テンカンの発作などを起こすことがあります。

などなど、他にもありますが、皆さんどうでしょ。

もちろんその個体によって出方は違います。少量も受け付けない個体もいれば、見た目体調の変化が何も無い個体もいるでしょう。でも気をつけるに越した事は無いですよね。

参考まで!

日高の写真をまとめている所ですが、時間がかかりそうです。

関連記事

Tags:

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.