You are here: Home // イベント // イベント日高の裏話

イベント日高の裏話

今回4月の日高に行こう!のイベントでは我が家の犬たちが発情を向かえている最中でした。

そんな時格好の獲物になるのは♂のAsh。

特に積極的なイタリアンGのライラは一生懸命「私を見て!!」と誘います。ただ誘われたとしても、かなりの体の差がある為 Ashが片手をぽんと出すと「キャー!」と叫び声をあげジタバタ、「でも!でも、大丈夫だから!!!」と一生懸命またアプローチ・・・。犬も矛盾した気持ちを表現したいよね・・・。

そのうちこの展開に飽きるAsh

ライラが誘っても、なるべく視界に入れないように・・・逃げます。

・・・。で、なぜそうなるのか。誰でもいいのですね、要するに。Ashに逃げられたライラが向かった先は・・・。

Ashと仲の良い猫のAmu。♀です。同性なのにっていう問題ではなく、他種なのに・・・って問題ですね。一生懸命アプローチする犬のライラに猫のAmuはちょっと手を出します。尻尾をちょっと咬んでやります。猫の「ちょっと」は結構痛いのですが、「痛い!」といいながらも一生懸命誘うライラ。

健気というか、、、なんというか、、、。

Amu、もうちょっとで発情終わるから、それまで頑張ってね。

関連記事

  • No Related Post

2 Responses to " イベント日高の裏話 "

  1. 宮原昌子 より:

    すっかりご無沙汰しました。
    久しぶりにブログを拝見しました。楽しそうなイベントですね。
    先生の「考える犬」をモットーにしているというところに共感します。
    近かったら、毎週レッスンに通っちゃうんですけど・・。
    あれから、実家で両親が入院し(母は退院しました)、飼っていた犬の世話ができなくなり、家で飼うことになりました(トイプー)。4頭の大所帯です。トイプードルという犬種のせいか、今までの犬たちとはやることなすことがずいぶん違って、面白いです。
    また、イベントがあれば是非参加したいです。時々、ご訪問しますね。

  2. Aki より:

    おひさしぶりです!
    このイベントには帯広からもちょこっと参加いただいています。
    帯広も自然一杯ですから、田舎に来た!という新鮮味にはかけるかも?ですが・・・。
    そんなのでもよければ是非いらしてください。暖かいうちは月1なんです。
    犬種そして固体の性格と、やはり異なりますよね。
    沢山犬たちを見ていてもナルホド!と思う事が沢山です。
    Aki&Ashを開いてじっくり犬たちを観察した結果、更に面白い事も発見です。
    いつかまた講習会など開けたら・・・。と思っています。

    ?

    ?

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.