You are here: Home // 問題行動カウンセリング // ジャーマンシェパード / German Shepherd Dog ♂

ジャーマンシェパード / German Shepherd Dog ♂

主な問題行動

激しい噛み付き

年齢

5才(カウンセリング当時)


犬種

ジャーマンシェパード / German Shepherd Dog – ♂

場所

北海道 日高管内


状況

家族に噛み付くとの報告
- 歯があったった所が赤くなる程度の噛み付き
- 袖が血で真っ赤になるほどの噛み付き
- 攻撃された両手が1週間ほど使えないくらいの噛み付き
- 飼い主さんの証言では首めがけて飛び上がる行動もあった

人間に接触をもつ攻撃性は3才から形になって現れた。問題行動悪化中。

一才未満時に4ヶ月ほど預けか型訓練所でのトレーニング経験有。どのようにしつけられたのかは分からない。

問題行動相談所でアドバイスを貰い食べ物を変えたり、対応を変えてみたりするが良くなる傾向はなし。

去勢はしていない。
保健所行きを考慮。

経過

2005年2月
飼い主さんから問い合わせを受け、カウンセリング及び2回のトレーニングを行う。

2005年3月末
噛み付かれて一線を置いて接していた家族の皆さんが少しずつ心を開くと同時に犬の動きにも余裕が出てくる。回数が多くなっていた攻撃もカウンセリング時からはない。トレーニングの楽しみを分かっていただき、犬も飼い主さんも遊び感覚で更なるトレーニングを行う。

2006年現在
以来攻撃の報告はなくご家族の皆さんがお散歩に連れて行ったり、触れ合ったりしている。

道具利用

クリッカー

関連記事

  • No Related Post

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.