You are here: Home // ブログ // 裸族、それとも。

裸族、それとも。

私自身はあまり犬に服を着せる派ではありません。

皆さんどうでしょう。

もともと犬には被毛があります。それなりの毛がある犬であれば毛が寒さなどから身を守ってくれるので不必要といえます。

ただ、服にも利点はあります。

雨が降っていたり、雨上がりの泥道など、服を着ていると体が汚れない。

アレルギー持ちの犬達の皮膚を守る事が出来る。

一工夫すれば夏の暑さ対策も可能。

もちろんイタリアングレーハウンドのような毛の薄い犬達には北海道の気候は寒すぎます。そんな犬にとって服は防寒具です。

更に「服を着せる事が出来る」のは、事実とても良い事です。

つまり、服を着せる為には体に触れ足を持ったり、動きを止めたり、犬の意思ではなく人間の意志で体をいじくらないと着せる事ができません。中には着せようとする時に嫌がって 酷く噛み付く例も沢山あります。とても悪化したケースでは首輪やリード着けることも不可能になる仔達が沢山います。

どうでしょう、服を着せる派ではない方、一度服を着せて愛犬の反応を見てみるのも一つのレッスンだと思いませんか?

お家にある物で代用可能です。例えば皆さんの靴下を愛犬にはかせる事は可能ですか?首にリボンを結ぶまでジッとしていますか?Tシャツを頭にかぶせてもジッとしていますか?

上手に出来ない時は絶対に無理してはいけませんよ!!???

ちなみにAshは4つ足カッパをもっていま~す。後は人間の服を着せる事も。

関連記事

Tags: , ,

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.