You are here: Home // イベント, ブログ // 涙

写真展に提出した、とある写真について。

私の作品の中に、黒いポメラニアンの顔のアップがあります。

その目に一粒 今にもこぼれ落ちそうな涙をとらえた写真です。気付かれた方、どの位いらしたでしょう?一見ただのポメラニアンの写真のアップにしか見えないので(しかも下の方)、きっと見逃した方もいるだろうなあ・・・と思いながら貼り付け作業を行っていました。

よく 泣くのは、涙を流すのは人間だけ。と言われますが、それは間違いです。

人間のようにダラダラと涙を流す事までは確かに出来ませんが、ポロリと涙をこぼす事はあるのです。

あの写真はあの仔が初めて家族に置いて行かれた時に撮影したものです。最初は「置いてかれた!置いていかないで!どこ行ったの!」とキャンキャン鳴いて騒いでいたのですが、家族が行ってしまったのを認めたのか大人しくなり、気付いたら涙を流していたのです。

もちろん、涙を流している事がよく分かりやすいように何度も撮り直したのは皆さんがご想像するとおりです。。。

時に私に叱られて涙が出てくる犬もいますが、大概ウルウルして目の周りがビシャビシャになり、あまり綺麗に泣く子は少ないのです。瞬きしたら涙のしずくもなくなりますし。

ちなみに牛や馬なども涙を流すようです。少し胸が痛くなる話ですが、彼らは屠殺場で自分が殺される直前に涙を流すのです。

象が涙を流す話もよく耳にしますね。

気になるのは猫科の動物が涙を流す話しはあまり耳にしません。彼らもマイペースだけれど、情にあふれた動物です。

あの写真についての私の考えは写真の隣に貼り付けてあります。ちょっと脱字もあるけれど(スミマセン)、是非、足を運んでいただけたら嬉しいです。

関連記事

Tags: , ,

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.