You are here: Home // ブログ // 牛による死亡事故

牛による死亡事故

英国では「フットパス」というウォーキングコースが国全体のいたる所にあります。

また、人間が柵の中に住み、その周りを半野生の家畜たちが生活をしている地域もあります。

近年突然出来たものではなく、どちらもイギリスの歴史と深く関連したものです。

先日英国のロイターの記事で全英農業者組合(NFU)から子牛が近くにいる時に犬を連れて歩くと牛が攻撃的になり襲い掛かる可能性があるとして、牛の群れの近くを通る場合には犬をリードから外して身を守るようアドバイスしたようです。

要するに、犬を標的にして迫ってくるわけなので、犬を逃がして犬を追いかけさせる形という事になりますね。

私が英国にいた時にも、牛に襲われた記事を読みました。その時にはその方は気絶だけですんだようですが、この二ヶ月間の間に死亡事故が4件以上おきてしまったようです。

日本じゃ考えられないかもしれませんが、私もヒヤリとした事があります。

フットパスはいたる所についており、万人が歩く事ができます。いつものようにAshをつれて放牧地に入ると、その日は牛が放牧されていたのです。好奇心の強い牛達は何事かと走りよってきます。牛はゆったりと動くようなイメージがあるかもしれませんが、時速40キロくらいは余裕で出します。慌てて跨いだ柵を跨ぎなおし 外に出ましたが、、、、。

自由に歩く事が出来る分、自分の身は自分で守る必要があるんですよね。

柵越しに地面をドンドンっとたたき頭を振って子供をもったメス威嚇された事もあります。おかげでAshは牛が苦手です。

もちろん、犬がいなくても 子牛をもった母牛や去勢をしていない雄がいる群れの近くを通るととても危険です。もし皆さんが田舎に行かれる事がある場合、十分に気をつけてください。牛であれ馬であれ、何百キロもの巨体でどつかれたり、けられたりしたら命を落とすことがあります。

とりあえず日本では放牧地に勝手に入ったりは許されていませんから、入らない事ですね。

関連記事

Tags: ,

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.