You are here: Home // ブログ // マイナス要因

マイナス要因

問題行動が発生する際には常に3つの要素が絡みあっています。

環境(状況)・犬・そして飼い主。

そのうちの一つどれかがマイナス要因になるだけで、問題行動が発生します。

例えば、環境そして飼い主は何も問題がなくても、犬自身に問題がある場合もあるのです。

しかし残念ながら日本国内において最も多いマイナス要因は・・・・

・・・「飼い主」です。

犬という生き物をしらないという所から問題が発生したり、中には生き物を知らないという所から問題が発生したり、様々です。

最も多いのは「人間社会に生きるにあたっての、しつけをしていない」という所です。人間社会とは家族間そして他者(第3者)との2つがあります。

他者はともかく、家族間での一匹の犬としての振る舞いさえ 教えてもらっていない仔がとても多いのが現状です。

人間であれば家族の中にもしてよい事、いけない事があるはず。犬達も教えてあげたらちゃんと理解してくれます。

教え方を知らない人にとっては難しいことかも知れませんが、まずは何か教えてみてください。ちょっとした事でよいのです。

教え、教わる、その姿勢が出来始めた時点で愛犬の行動に何かしらの違いを感じるはずです。

関連記事

Tags: ,

1 Response to " マイナス要因 "

  1. Nilesh より:

    I lirtlaely jumped out of my chair and danced after reading this!

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.