You are here: Home // ブログ // 表情を見る

表情を見る

カウンセリングをしていると、飼い主さんの表情ももちろんですが、犬達の表情もとても気になります。

やはり表情豊かな仔、そうじゃない仔といます。

そうじゃない仔の多くは他人に対しての不信感やその環境への恐怖心が強い傾向があります。

人間でも初対面の人にすぐに打ち解ける人とそうじゃない人がいますよね。犬達もつくづく同じだなあ~って感じます。

私がカウンセリングをしていて、嬉しく思う事の一つは、飼い犬たちが心を開いて内面を見せてくれたときです。

私が帰国してTentenさんで始めてカウンセリングをした仔と数年越しに出会い 彼女と対話を続ける事で当時よりももっと内面を見せてくれるようになったのは、とても大きな収穫でした。彼女の場合は通常よりも恐怖心が強い仔で なかなか心を許してくれなかったのですが、つい先日はその仔と添い寝が出来るくらいまでになりました。これぞ幸せなひと時です。

もちろん、犬達の方からの歩み寄りも大切ですが、人間の方からの歩み寄りも必要です。

Ashが良い例かもしれません。

今でこそお互いに互いの気持ちを確かめなくとも理解できる関係といえますが、昔の小さい時の写真を見ると当時理解していたAshの気持ち以上に詳しく理解する事ができます。それは私自身が彼と付き合っていく上で、彼の感情表現の仕方を理解したからなのでしょう。

犬がどんなにいろんな表現をしていても、人間が理解していなかったら理解もなにもあったもんじゃあありませんから。

そんなわけで日々犬達の表情を読み取れるよう、毎日目を光らせています。

・・・・・そんな私、もしてして、、こわい?かも・・・? 

関連記事

Tags: ,

Leave a Reply

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.