講演会お知らせ。

キャンピングカーノースライフさん主催、ペットハウステンテン協力のもと、Aki&Ash米澤アキの講演会があります!

日時:6月6日(日) 1回目13:00~、2回目 15:30~ 

募集人数:各10名

場所:清田区新栄4条3丁目 株)ノースライフ

応募締め切り:2010年5月28日

参加無料!!

駐車場あります。

主に「犬と共に暮らす」をテーマに幅広くお話が出来たらと考えています。是非ご連絡ください!お待ちしております!

また、6月20日はテンテンArio店にて私のイベントもあります!近々ご連絡いたしますね!

写真展!

Aki&Ashの写真展は5月18日までとなっております!

もしまだいらっしゃっていない方、是非お待ちしております。

1回目、2回目よりも参加人数、写真数共にすくないのですが、結構楽しめると思います。

写し手が「こうかな?」「どうだろ。」なんて 愛犬達と撮影している姿を想像しながら 眺めて見るともっと楽しいかもしれません。

是非、どうぞ~!!

食を考えよう

本日行ったカウンセリングで「食」のお話を飼い主さんとしました。

最近は食べ物によるアレルギーで目の周りや口の周りや指の間が赤くとても痒そうになっている仔が結構いるのです。小さい時からアレルギーを発症している仔も多いけれど、大半は1才近くなってから2才や3才で発症。

ですので、それまでに何を食べさせていたのか。が とても重要になってくるわけです。

特に、ドッグフードでも良く用いられる「小麦」「大豆」「米」これらにアレルギーが出ると店内においてある70%の物はゆうに食べる事が出来なくなります。

「チョコレート・たまねぎ」さえ抜いていればよい・・・・というわけでは無いのです。

確かに喜んで食べる顔を見たいのもわかりますが、アレルギーを考えれば 小さい時から色んなものを食べさせず、制限した方が良いのです。

Ashの場合も小さい時の皮膚の赤みが気になり、1才・2才位までは大分制限しました。(お腹の弱い部分もあったので。)

3・4才と少しずつオヤツなる物を与えたり始めましたが、今現在気をつけているのは「米」です。米の摂取量に比例して痒みが出ている可能性があり、今はコントロールしています。もちろん、テストをしたわけではありません。毎日の食事に含まれている成分をしっかり把握してあげる事である程度の検討はついてくるのです。

中にはあれこれと反応がありすぎて分からないケースもあります。

でも まず何か出来る事があるのであれば、真っ先にしてあげたいですよね。

与えるのも愛かもしれませんが、制限をする愛もあるわけですよ!何でも食べるからと言って 与えすぎないように気をつけてくださいね。

13・14日

13日と14日はAki&Ashは休園しています。

留守電も15日にチェックとなるので、緊急の方はメールでお願いします。

また、メールの返信がなかなかない!と仰る方、大変お手数ですが、再度メールを頂けると嬉しいです。迷惑メールに勝手に分類されてしまったりする事もありますので、、、。

よろしくお願いします。

メーリングに参加されている方はメーリングから送信していただけると間違いはありません。

老子曰く「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」

老子(?)曰く、「授人以魚 不如授人以漁」
という言葉があります。

和訳すると
「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」
ということですね。

魚を欲する人にただ魚をあげると、その魚を食べてお仕舞いです。
魚のつり方を教えると、自分で漁をすることを覚えます。

躾も同じです。

誰かに躾けてもらってお終いなのか、それとも自分自身で学び活用してゆくのか。

「魚を貰うのではなく、魚の釣り方を覚えよ」

これがAki&Ashの方針です。

不自然な場所

皆さんに問題です。

「(日本の)ドッグランはイヌ科の動物の行動学上とても普通で自然な場所である」

Yes  or  No ????

答えは、、、、、わかりますよね。

Noです!自然なはずがありません。とても不可解な場所です。

通常、それぞれの群れが囲いの中に沢山入り込んで即興の新しい群れを作るなんて事、絶対にありえません。更には、全ての群れと仲良くしなくてはならない?!生物及び、行動学上から考えると、まずありえないシチュエーションです。

そう考えると、ドッグランの中で上手に渡り合えない犬がいたり、調和を乱す犬がいたり、好き嫌いがあったりして当然という事がわかりますね。

中には社会性不足・躾不足の固体がいたり、マナー違反の飼い主さんも伺えますが、ドッグランで上手に他の犬と遊べなかったにしても本当は何も問題はないのです。気に病む必要は全くありません。

重要なのは 毎日の生活の中での他者とのやりとり、散歩中でのやりとりです。

ファッションやトレンドに流されず、今 愛犬に必要な環境や状況を是非とも与えてあげてください。そこは必ずしもドッグランやドッグカフェに限らないはずです。

また、ドッグラン内で起こる問題は大抵、問題と見える一匹が悪いのではなく、その環境にいる犬達や飼い主さん全てが関与している事が多い事がご存知でしょうか。

他人事と思わず、自分の犬がどのように相手と関係しているかしっかりと観察する必要もありです。もしも、相手の攻撃的な部分を刺激するような行動をとっていたり、挑発的な仕草(アイコンタクトを含む)をしている場合、または相手を脅かしている場合にはしっかりと飼い主さんが止める必要もあります。

愛犬が飼い主さんを疎かにするような利用の仕方をしないよう気をつけてください!!

・・・・飼い主さん同士がお話に夢中になって、愛犬の排泄にも気付かないなんてもってのほかです!

ドッグランの利用の仕方、もっともっと考えた方が良いかもしれません。

6月6日

6月6日に清田区真栄にてセミナーのゲストティーチャーとしてご招待いただきました!参加は無料です!!

Tentenさんのイベントでキャンピングカーの展示をご覧になった方も多いかと思いますが、そのノースライフさんの企画となります。

時間は13:00からと15:30からの二回です。人数は10名ほどですので、お早めにご連絡ください。

駐車場もありますのでお車でぜひいらしてください!

日高に行く?

5月の日高に行こう!ですが、予定として30日の日曜日を考えています。まだ募集はしていません。

募集の際には 今度はちゃんとサイトにて連絡を流しますので。

参加の方はフロントラインなどのダニ対策を1週間前にはしっかりと行うようにしてください。5月はいますよ!ダニーさんが。

今度は晴れると良いですね!!!

躾の提案

どのように躾けるかは飼い主さんしだい。

もちろん、その犬種の性格や飼い主さんの生活で その可能性の幅は変わってきます。

なので全ての家庭で出来るというわけではありませんが、ここで提案したいのは朝の躾について。躾というよりも、流れかもしれませんね。

通常一般の朝の流れは「飼い主さん起床」→「犬起床」→「部屋に入ってきた飼い主さんに飛びつきながら挨拶」→「飼い主さんも挨拶」→「興奮する犬をかわしながらカーテンを開ける」です。

後これに「排泄処理」そして「給餌」がつく家庭が多いです。

お子さんがいらっしゃったり、365日特に大きく生活に変動の無い家庭ではあまり問題はありませんが、毎日に変動がある家庭では 挨拶と言えど このように興奮されるとちょっと困ってしまう事があったりします。

そこで提案です。

愛犬の朝は「おはよう!」で始まるように教えてみるのもいいですよ~。

私はAsh達に私が「おはよう!」と声をかけたら朝が始まるように教えています。つまり、朝の合図となる声をかける前に目の前をうろついたり パタパタしていても彼らはベッドの上で寝ているか、私の動きをポワ~ンと見つめているだけなのです。

そして「おはよ」の合図がかかると、ベッドから飛び出し 周囲をとび跳ねたり、ストレッチをしたり 匂いを嗅ぎあったり、通常の朝の挨拶をするのです。

ケージは利用していません。

「朝=挨拶・排泄・食餌」としてしまうと、起床後に人間後回しで対応しなくてはならない事も多く、日常の流れに変動のある私の生活にはそぐわないため、今の朝の流れがとても重宝されています。起床時間すれすれにお手洗いに向かっても犬達がもう起床の時間と間違えて「おはよ」と飛びついて起きてくる事がないのも良いところ。これは あくまでも私に対しての行動として教えています。

朝に興奮して吠えてしまう犬にもこういった躾をすると問題がなくなります。

子犬の場合お腹が空きすぎて吠える可能性があるので、その場合は食事の前に間食をさせて満たしてあげるのも一つの手となります。

猫にも同じように教えた所、犬よりも「そろそろ起きたかな~?」のチェックが厳しかったです。それこそ最初はベッドの上で薄目を開けてタヌキ寝入りから始めましたが、とある朝 変な音がするので目を思わず開けると、目の前にAshとAmu(猫)が並んで高みのあるベッドに顎を乗せて私を覗き込んでいたのには思わず噴き出してしまたのを覚えています。

一般家庭では皆さんの行動が犬の行動を引きだす格好となってしまっていますが、私の場合は私の通常の行動に彼らが反応しないよう教え 明確な合図によって行動・反応するように教えているだけです。

いろんな躾方があるので、形式にとらわれず一度他の家庭ではどのように生活をしているンか聞いてみるのも楽しいと思いますよ~!

排泄話

意外と知られていないようです。

去勢をしていない犬のオシッコは独特の匂いがあるという事。

一人前のオスとしてテリトリーを守る為、「ここは自分の場所!」と人一倍アピールする必要があるわけで、考えてみたら当たり前ですね。

大きな犬だけでなく、小さな犬種であってもツンとした独特なにおいがあります。食べ物によっても匂いは変わります。でも、この去勢していない匂いは一応にして同じです。(と人間の鈍感な鼻には感じるはず)オシッコをしていなくて濃いのとはまた違った感じです。

メスの場合も(多分)発情周期に関係して尿の酸が強くなったり弱くなったりするようですから、よくよくかいで見たら違いがわかるはず?!

酸が強いと芝生もポッコリ枯れてしまうので、できるだけすぐに水をかけてあげてくださいね。

Copyright © 2009 Aki and Ash’s Pet animal Counselling. All rights reserved. login
Powered by WordPress.